2011年11月25日

会話の注意点

大切なポイントがいくつかあります。

●ポイント1「会話のイニシアティブを取る」


質問して相手をコントロールする訳ですから、相手に先に質問されると
コントロールされる可能性があります。
その為に、自分から先に話し出してください。


●ポイント2「必ず質問の答えに触れる」


質問する事ばかり気になって、
相手の答えに触れるのを忘れる人がよくいます。
一方的に質問するだけでは、尋問と同じです。

会話はキャッチボールです。

一方通行では“誘導”はできません。


●ポイント3 「話の最後に“?”をつける」


ついつい、自分が言いたい事ばかりを言ってしまいがちです。
相手に会話に参加してもらわないと、強引な流れになります。

主導権は質問する側が持っていますが、
「自分が相手を操っている事」を相手に理解されると終わりです。
誰も、露骨に操られたいとは望んでいません。


相手が会話に参加できるように、
話の最後に“?”をつけて、相手に言葉を投げかけましょう。



以上、3つのポイントを心がけて話してください。

“しゃべったら、質問。
それに触れて、また質問”です。

きっと、今までよりスムーズに会話が進むでしょう。




同じカテゴリー(日記)の記事
 本人の頑張りは必要 (2013-01-31 13:04)
 パッチギの呪縛 (2012-04-27 20:10)
 忘れもしない。 (2011-12-19 00:43)
 10月も最終週 (2011-10-25 18:29)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。